スポンサードリンク

メタボにならないために、まず自分の健康状態を把握

メタボリックシンドロームにならないためには、どうすればいいかといえば、当たり前ですが自分が該当するか知ること・・。


手っ取り早いのは、医療機関での健康診断ですが、それ以外にもメタボ関係のホームページなどにも紹介されている、自己診断チェックリストなどを利用するのも良いでしょう。


これまでにお話しておりますように、メタボリックシンドローム予防・改善の為には食生活の見直しと適度な運動が欠かせませんね。


食事に関しては、カロリーを十分に意識し食物繊維を多く摂ることをおススメします。


食べすぎと夜は10時以降の食事は避けるようにしましょう。


そして最もつらいのが運動ですね(汗)


でもその運動が内臓脂肪を減らすのに1番効果的なんです。


健康維持の為に最適な運動消費カロリーは、1日あたりで約300キロカロリーです。


ちなみに、ウォーキングで1日1万歩歩けば到達します。


1万歩?


1万歩と聞いてしまうときっと気が遠くなると思いますが、たとえばですが、普段の生活の中で目的地(会社など)に向かう際に遠回りしてみたり、エレベーターやエスカレータを使わずに階段を利用したり(私はやってます)すれば歩数も稼げます。


なんかノルマみたいで嫌かもしれませんが、ちょっとした工夫です。


後は、ご予算が許せば器具を使った運動も良いでしょう。



ビリーズブートキャンプや最近ですとコアリズムとか人気ですが、それ以外でもエアロバイクのような室内用の自転車を利用すればテレビを観ながらでもできますので、1日1時間を目安にこげば1万歩をあるいたのと同様の効果があります。


ビリーにしてもコアリズムやエアロバイクにしても通販で簡単に購入できますが簡単に買えますが簡単に止める事もできてしまいますので気をつけましょう(汗)


こればかりは自己管理が物を言いますので・・・。


打倒メタボの目標をしっかりもちましょうね!!


動脈硬化の予防方法について

動脈硬化の予防方法について、今回は取り上げてみたいと思います。

といっても、日々の生活の中で当たり前のことを見直し実践するだけです(汗)


それが大変なんですが・・・


まずは、食事・食生活の改善ですね。


バランスのとれた食事を摂ること。


動脈硬化の予防に、食生活の改善は絶対に欠かせませんよね。


栄養のバランスを考えた食事でミネラル・ビタミンを補給しましょう。

そして、食事の量にも必ず気をつけましょう。


肉が好きで魚は骨があって面倒くさい人も多いですが(私もです)肉ばかりでは多少量を変えても意味がありません。


食生活を見直すことでとても重要な事ですが、「肥満を解消する。」


肥満動脈硬化の原因の一つだと考えられていますので、脂身の多い肉など動物性脂肪の食べ過ぎには絶対注意です。


そして食生活と同じくらい大切なのが・・・


ストレスをためすぎずない


ストレスは血圧にも大きな影響を与えます。


大変かもしれませんが、貴方なりにストレスを解消できる方法を見つけることです。


これら以外にも、睡眠をしっかりとる(寝不足は駄目です)


塩分の取りすぎに気をつける。(塩分の摂りすぎは血圧を上げます。)


そして適度な運動(これが一番つらいとこでしょうね)


アルコール類の飲みすぎに気をつける。



百害あって一理なしのタバコを控える事。

※喫煙は血管を収縮させますので、動脈硬化を促進させますので禁煙をおススメします。(メタボだけでなく頭皮に良くないです。)


色々あげましたが、結局は自己管理ということですね(苦笑)


この自己管理を意識するのに有効なのはやはり・・・


病院で定期的な検査を受けることでしょうか。


定期的な検査を受ける事で、お医者さんからの生活や食事指導を受ける事で意識付けが可能になりやすくはなると思います。


自己管理は大変です。


日々の積み重ねはそれだけ大切ということですね(笑)


ではまたお会いしましょう。


メタボリック 特定健康診査・特定保健指導がスタート!

メタボリックシンドロームに関する話題をお一つ。


生活習慣病の原因とされている、メタボリックシンドロームを予防するために、2008年4月から、特定健康診査・特定保健指導が行われますね。


その際に、非常に大切になるのが保健指導を行う保健士さんの質になります。



今回のような、メタボリックシンドロームに着目した保健指導等は、医療費の伸びの抑制を目指した医療制度改革の一環として導入されるのです。



政府は、この指導による生活習慣病の予防効果で、15年にメタボの該当者・予備群を08年のスタートと比較して25%減らし、医療費の伸びも25年に約2兆円圧縮する目標値を設定しました。



健康保険組合や市町村国民健康保険等々、医療保険の運営者に実施を義務づけて13年度以降に目標達成状況を基本とし、運営者の負担金を加算・減算できる仕組みを盛り込んでいるのです。



この改革で特に大きく変わると思われるのが、保健指導のあり方です。



これまでですと、検診のついで?に基本的な情報を提供するにとどまっていたのですが、これからは、生活習慣を改善させることに重点を置いた継続的な支援に変わっていきます。



健診の結果により、リスクの高い順番に、@積極的支援/A動機付け支援/B情報提供レベル、といったようにランク分けして、積極的支援の場合、面談のほか、電話やメールなどで、3か月以上は継続した支援が行われ、6か月後に評価致します。



何はともあれ、自分の体です。


お肉の危機管理も忘れずに・・・汗

メタボリックシンドロームについて、改めて振り返る・・。

このブログで取り上げています、メタボリックシンドロームですが、今回は、改めてメタボとは?と、振り返ってみます。


そもそも、メタボリックとは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味ですね。



メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことですが、これは単に内臓脂肪が多い状態ということだけではなく、高血圧・高血糖・高脂血症等々の生活習慣病を発症している状態を指しています。



メタボリックシンドロームに陥ってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になりますので、現在、体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません・・・。



メタボリックは、日頃の悪い生活習慣、つまり運動不足や食べすぎなどが引き金となって起こるものといわれています。(改めて言わなくても良いのかもしれませんが・・汗)



この予防策としては、日頃からジョギングなどの有酸素運動をしたり筋肉トレーニングをすることで運動不足にならないようにし、食生活も見直し、身体に蓄積してしまった脂肪を減らすことです。




よく言われているのが、40歳を超えると、このメタボリックシンドロームが急激に増えるとされています・・。



今では食生活の欧米化などの影響もあり、中高年意外に、もっと若い世代の人達までもが、そんなメタボリックシンドロームの可能性を秘めた、予備群として存在しているとされてます。



身体に体脂肪を蓄えていくという機能、これ自体は、人間にとってはひとつの本能になりますので、(動物の冬眠みたいな)それは人が生きていくために必要不可欠なことです。



生まれながらにして太りやすい、体脂肪を貯めやすいという人もいて、そんな肥満遺伝子というものを持っている人は、そうでない人よりもさらに真剣に食生活を改善し、整えていく必要があるでしょう。




どちらにしても、肥満度が高すぎるという状態は、少なからず身体に悪い影響を与えてしまいますから、そうならないようにしっかりと予防することが大切になりますね。



日々、面倒でも体脂肪率をきちんとチェックして、恐ろしいメタボリックシンドロームを防ぐようにしましょう!

内臓脂肪の危険度って・・

内臓脂肪と聞けば、メタボリックと言うキーワードが当たり前のように頭に浮かびますよね(汗)


内臓脂肪が危険と見られるのは、内臓脂肪細胞から、高血圧・糖尿病・動脈硬化といったことへ繋がるリスクを高める物質が分泌されるからにほかなりません・・・。


さらに、高脂血症にも繋がる遊離脂肪酸といったものが増えることでも知られているのです


※遊離脂肪酸とは・・・
人がエネルギーとして消費する為に血中に溶け出した脂肪を指します。
要は脂肪の分解によって生じる脂肪酸です。


話を戻しますが(苦笑)物は考えようで、内臓脂肪は、皮下脂肪に比べると、食生活の改善や日々の運動で落としやすいのです!


特に、有酸素運動することで、内臓脂肪は思って以上に簡単にらせると考えられます。


その気になれば、改善が容易とも言えますね(笑)


そこをクリアーすれば、次に控える「皮下脂肪」とも戦えますから(苦笑)



因みに、有酸素運動といえば、面倒くさがりなあなた?にも手軽に出来るものがあったりします(笑)




ゆらゆら寝ているだけで有酸素運動が出来る!送料無料はこちら♪


無理は禁物、あまり気張らず取り組みましょう!

メタボリックシンドロームになりにくくするには・・・

メタボリックシンドロームと関係無いのが一番ですが、近年では、日本人の多くの方が予備軍と言っても差し支えないのかもしれませんね(汗)



そうならない為にも自己管理が重要なのは改めて言うまでもないのかもしれませんが・・汗



基本的な事として、睡眠不足や慢性的な疲労はホルモンのバランスを乱したりなど、脂肪が蓄積しやすい環境を作り出してしまいます。



また、前回も触れました、ストレスなどの原因にもなるため、睡眠、休養はしっかり取りましょう。



とは言っても、中々しっかりと睡眠時間が確保出来ない方も多いでしょうね。



私もそうです(苦笑)



仕事のストレスから寝付けない方も多いと思います。



私もそうです(クドイ?・・苦笑)



そうすると、ズルズルいっちゃうんですよね。



そんな時、意識を変えるための手助けになるのが、お医者さん。



人間って、お医者さんの言うことって、結構真剣に聞きますよね(笑)



ですから、ご自身で、メタボリックに該当する自覚があるようでしたら、定期的な健康診断をお勧めします!



なぜなら、血糖値や中性脂肪、血中コレステロール値、血圧等のメタボに大きく関係する数値って、なかなか自分ではわかりません。



定期的に病院などで健康診断を受けることはとても大切です。



なにせ、メタボリックシンドロームは自覚のない方も多いと言われています。



自分の体の状態を知っておくことによって、メタボリックシンドロームになる前に適切な対処をすることができます。



早ければ早いほど、苦痛は少なく済むと思いませんか?



ダイエットって、楽しくやろうと思っても、中々そうもいきません(汗)



メタボを未然に防げるに越したことはないですしね。



「自分は大丈夫!」ではなく、「自分は大丈夫?」と、一度考えて見ましょう。



誰の為でもなく、自分の為に。



それが結果的に、周りの人達の為にもなるはずですから(笑)







動脈硬化は誰でも該当?

動脈硬化とは、一言で言ってしまいますと、動脈の弾力性が失われて硬くなってしまうことです・・・。

よく耳にされるかと思いますが、ドロドロ血もこれに関係あります。


ざっくり?といきますが、動脈硬化には、3種類あるのですが・・


@アテローム(粥状)硬化

大動脈・冠動脈・脳動脈等の比較的太めの動脈の内膜にコレステロール
などの脂肪からなるドロドロした粥状物質が溜まって、アテローム(粥状硬化巣)が出来て、次第に肥厚して動脈の内腔が狭くなっていく状態です。

A中膜硬化

動脈の中膜に石灰質が溜まり硬くなり、中膜が破れ易くなったり、場合によっては、破れることもあるのです(怖)
大動脈・下肢の動脈・頚部の動脈に起こりやすいのが特徴です。


B細動脈硬化

脳や腎臓の細い動脈が硬くなってしまうこと。
高血圧による場合が多いのがこちらです。

以上です(あっさり気味ですが・・)


ちなみに、健康な人であっても、加齢により動脈硬化が進むと言われています。


誰しも少しずつであっても動脈硬化と付き合っていくことになるのです。

気をつけなければならないのは、動脈硬化を起こしやすいメタボリックシンドロームにならないように意識することですね(汗)


特に注意するのは・・・ストレスを溜めないこと。


ストレスから様々な原因となる行為(タバコの吸い過ぎや食べすぎ)へと繋がっていくのが人の性ですから(苦笑)


ストレス等については、今後取り上げて生きたいと思います。


ちなみに、こんなものでもストレス解消に効果があったりするんです(笑)



内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満の違い・・・

内臓脂肪型肥満とか皮下脂肪型肥満って聞くと、それだけで危険な香りがしますよね(汗)


ひとくちに肥満といっても、皮下脂肪型肥満内蔵脂肪型肥満という二つのタイプに分かれるのですが・・・


まず、皮膚の下に脂肪がつく皮下脂肪型肥満は、病気につながることが少ないと言われています。(油断は禁物ですが)


別名、洋なし型肥満とも言われています。

想像してみてください・・・。


皮下脂肪型肥満は、皮膚の下に脂肪が貯まった肥満で、どちらかと言えば女性に多くみられます。


冒頭でも申し上げましたが、皮下脂肪型肥満内臓脂肪型肥満に比べて生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症、高尿酸血症など)を合併するリスクは低いです。

しかしながら、心臓や膝への影響等を考えると適度な有酸素運動をしたり、日々の食生活の改善を行って減量に努められた方が良いことに変わりはありません(苦笑)

油断は出来ませんね。


そして本日の主役?の内臓脂肪型肥満ですが・・・

こちらは、上半身が太って来ることが多く、リンゴ型肥満とも言われます。

こちらも想像してみてください・・。


もうお気付きでしょうが、こちらは男性に多く見られますね(汗)

一般的に成人後に体重が増えた場合は、内臓脂肪が増える場合が多いそうです。


内臓脂肪と言うのは、内臓の周りにある脂肪組織、いわゆる脂身ですね(汗)それがいっぱい溜っている状態で、特に内臓脂肪というのは腸間膜の脂肪が多く溜り、お腹の中に充満している状態を指しています。

もっとハッキリ言えば、メタボリックシンドロームという観点では内臓脂肪型の方が危険であると考えられます(涙)


この内臓脂肪を減らす為には、日々の食生活を見直すのは勿論、辛いかもしれませんが、運動不足を解消することが基本となります。

人間の身体にとって、食べすぎ・運動不足は、大敵であると言う事です。


因みに、日本人の場合ですが、ウエストが男性で85cm以上、女性では90cm以上で内臓脂肪が多いと考えられています。

さらに、血液中の中性脂肪が高いか、善玉コレステロールが低いこと、そして血圧が高めであること(参考:上が130以上または下が85以上)、血糖値が高いこと(参考:空腹時血糖110以上)これらの内で2個以上が該当すると、メタボリック症候群と思った方が良いです(汗)

だからこそ、食べすぎ・運動不足を自覚することからスタートしましょうね!

特に運動は内臓脂肪を減少させる効果がありますから、食べるなら動くことです!


生きる為には、食べない訳にはいかないですからね(苦笑)


動くことが本当に大切なんです。


勿論、食べ過ぎてもダメですが・・・。


身近なところから見直しましょう。

それが第一歩です!






メタボリックシンドロームとは・・・

メタボリックシンドロームとは・・・


今更説明は要らないのかも知れませんが、一応念のため(苦笑)


メタボリックシンドロームとは、内臓に蓄積された脂肪により、様々な病気が引き起こされやすくなった状態のことを指しています。


近年は、脳梗塞心筋梗塞等で亡くなる方も増えていますが、今、日本にはこのメタボリックシンドロームに該当する、またはその予備軍である人が約2000万人いると言われています。


そして厚生労働省の調査によりますと、40〜74歳までのいわゆる中高年世代におきましては、男性では2人に1人、女性では5人に1人の人が該当するとも言われ、もはや国民病と言っても差し支えないですね(汗)


このメタボリックと戦う必要のある方がいかに多いのか改めて思いました・・・。


メタボリックシンドロームは生活習慣と大きく関係していますので、まずは基本的な生活習慣を見直すことから始めるべきです。


生活習慣と言えば、まずは日々の食事ですね。


あなたは油っぽいものやお菓子な等を多く食べ過ぎていませんか?


あるいは、偏った食事を続けたり(コンビニ・ファーストフード等)さらにお酒を飲みすぎたりしていませんか?(汗)


すでにお気付きの方も多いかと思いますが、毎日の食生活はメタボリックシンドロームと深く深く(クドイ?)関係していると言われています。


まずは、ビタミンやミネラル、そして食物繊維がタップリの野菜を多く取り入れたバランスの良い食生活を意識しましょう!


しかし日本人の生活習慣は、見事に欧米化しましたね。


一見、便利で豊かになったようですが、食事においては脂質摂取量が増え、慢性的な運動不足等、脂肪が身体に蓄積される条件が明らかに増えました(苦笑)


自分の身体は自分で気をつけるのが基本です。

メタボは怖いですから意識して改善していきましょう!!

明日からでも良いですから(笑)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。