スポンサードリンク

メタボリックシンドロームについて、改めて振り返る・・。

このブログで取り上げています、メタボリックシンドロームですが、今回は、改めてメタボとは?と、振り返ってみます。


そもそも、メタボリックとは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味ですね。



メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことですが、これは単に内臓脂肪が多い状態ということだけではなく、高血圧・高血糖・高脂血症等々の生活習慣病を発症している状態を指しています。



メタボリックシンドロームに陥ってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になりますので、現在、体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません・・・。



メタボリックは、日頃の悪い生活習慣、つまり運動不足や食べすぎなどが引き金となって起こるものといわれています。(改めて言わなくても良いのかもしれませんが・・汗)



この予防策としては、日頃からジョギングなどの有酸素運動をしたり筋肉トレーニングをすることで運動不足にならないようにし、食生活も見直し、身体に蓄積してしまった脂肪を減らすことです。




よく言われているのが、40歳を超えると、このメタボリックシンドロームが急激に増えるとされています・・。



今では食生活の欧米化などの影響もあり、中高年意外に、もっと若い世代の人達までもが、そんなメタボリックシンドロームの可能性を秘めた、予備群として存在しているとされてます。



身体に体脂肪を蓄えていくという機能、これ自体は、人間にとってはひとつの本能になりますので、(動物の冬眠みたいな)それは人が生きていくために必要不可欠なことです。



生まれながらにして太りやすい、体脂肪を貯めやすいという人もいて、そんな肥満遺伝子というものを持っている人は、そうでない人よりもさらに真剣に食生活を改善し、整えていく必要があるでしょう。




どちらにしても、肥満度が高すぎるという状態は、少なからず身体に悪い影響を与えてしまいますから、そうならないようにしっかりと予防することが大切になりますね。



日々、面倒でも体脂肪率をきちんとチェックして、恐ろしいメタボリックシンドロームを防ぐようにしましょう!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。