スポンサードリンク

メタボリック 特定健康診査・特定保健指導がスタート!

メタボリックシンドロームに関する話題をお一つ。


生活習慣病の原因とされている、メタボリックシンドロームを予防するために、2008年4月から、特定健康診査・特定保健指導が行われますね。


その際に、非常に大切になるのが保健指導を行う保健士さんの質になります。



今回のような、メタボリックシンドロームに着目した保健指導等は、医療費の伸びの抑制を目指した医療制度改革の一環として導入されるのです。



政府は、この指導による生活習慣病の予防効果で、15年にメタボの該当者・予備群を08年のスタートと比較して25%減らし、医療費の伸びも25年に約2兆円圧縮する目標値を設定しました。



健康保険組合や市町村国民健康保険等々、医療保険の運営者に実施を義務づけて13年度以降に目標達成状況を基本とし、運営者の負担金を加算・減算できる仕組みを盛り込んでいるのです。



この改革で特に大きく変わると思われるのが、保健指導のあり方です。



これまでですと、検診のついで?に基本的な情報を提供するにとどまっていたのですが、これからは、生活習慣を改善させることに重点を置いた継続的な支援に変わっていきます。



健診の結果により、リスクの高い順番に、@積極的支援/A動機付け支援/B情報提供レベル、といったようにランク分けして、積極的支援の場合、面談のほか、電話やメールなどで、3か月以上は継続した支援が行われ、6か月後に評価致します。



何はともあれ、自分の体です。


お肉の危機管理も忘れずに・・・汗
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。